キャビテーションは自宅よりもエステサロンで!

最近のダイエット方法として注目されているキャビテーション。 キャビテーションを行う方法としては、自宅かエステサロンのどっちで施術するかでやり方が変わってきます。 キャビテーションエステの認知度が高まったことにより、以前はエステサロンでの施術のみだったのが家庭用機器も発売されるようになりました。 もちろん両者には大きな違いがあります。 最も大きな違いは、家庭用と業務用では出力が違います。 他にも家庭用キャビテーション機器と業務用キャビテーション機器の違いには、安全性や即効性にも違いがあります。 さらに業務用には痛くないヒーティングトリートメントなど、利用者のストレスを少なくする機能が装備されています。 もともと本体価格も全然違うので、単純に比較すると業務用の方が効果も即効性も優れているのは当然です。 しかし、家庭用キャビテーション機器は、自宅で自分の都合に合わせて施術できるというメリットがあります。 忙しくてエステサロンに通うのが難しい人には、家庭用キャビテーション機器を使って気軽に取り組むことができます。 家庭用キャビテーションでは人気のヤーマン・RFボーテ キャビスパは3万円前後の販売価格なので、一度お金を払うと後はごく僅かの電気代だけですみます。 さらなる効果を期待するならば、ボディスムージングゲルなども併用すればいいのですが、1本3千円程度の費用が必要となります。 痩身エステのキャビテーションコースは、キレイサローネの月額制を利用すれば月額15,980円(税別)で下記のコースを利用できます。 【コース内容】ヘッドスパ・骨盤ケアEMS・ハイパワーキャビテーション・スーパーラジオ波吸引・ゲルママット、【回数】月1回。 今なら初月料金が94%OFFの980円(税別)でサイズダウン定額コースを体験することができます。 料金と施術内容や効果の違いを比較して、家庭用か業務用を選ぶようにしましょう。 料金的に問題がなければ、やはりエステサロンの方がプロの施術で安心してキャビテーションに取り組むことができます。 体感出来る効果も即効性もエステサロンに軍配が上がります。 忙しくて通えないやエステサロンが嫌いという方以外は、痩身エステサロンのキャビテーションコースを利用することをオススメします。